ドウェイン・エドワーズという男をご存知でしょうか?彼は19歳でデザイナーになり、30歳という若さでNIKE、エアジョーダンシリーズのディレクターに就任したスニーカー界の伝説です。今は自分のデザインだけでなく、次世代のフットウェアデザイナーを育てるためのPENSOLEというアカデミーまで運営しています。デザイナーとして、教育者として、経営者として世界的に活躍する彼と話をする機会があったのでシェアしたいと思います。クリエイターの方もそうでない方も是非!

雅彬:まず最初にデザイナーになろうと思ったきっかけは何だったの?

ドゥエイン:長いストーリーだが手短に話すよ。生まれ持って目にしたものは何でも上手く描くことが出来たんだ。そして11歳の時に初めてスニーカーの絵を描いた。それから授業中もずっとスニーカーの絵を描いていたんだ。おかげで学校でのトラブルは絶えなかったけどさ。そんなある日、スニーカーのデザインコンテストを見かけた。応募したらなんと優勝したんだけど、高校生だったという理由で仕事を得ることはできなかった。その出来事がフットウェアデザイナーになりたいって思いをより一層強くしたんだ。そこでフットウェアデザインを学べる大学を探したんだけど、そんな学校はどこにもなかった。僕は一旦夢を諦めて高校卒業後は仕事についた。最初の仕事はLA Gearっていうフットウェアのブランドだった。そこでは目の前で靴のデザインの現場を見れた。そんな時、新規事業のアイディアを公募があったんだ。僕のアイディアは、「僕をフットウェアデザイナーとして採用してくれれば毎日新しいデザインを考えるよ」というもの。6ヶ月後、突然会社のオーナーから呼び出され、何とその仕事をくれたんだ。ちょうど19歳の誕生日を迎えたばかりだったよ。

雅彬:自分から行動を起こしてチャンスを掴み取ったんだね。デザインしている時って何が見えているの?デザインのプロセスを教えて。

ドウェイン:面白い質問だね。実は紙の上に何かを書き始める前に僕の頭の中では既に出来上がっているんだ。まず最初に数時間、時には数日をかけて90%のデザインが出来るまで頭の中で考えるんだ。それから初めてデスクに座り、残りの10%を紙の上で足しながら完成させるんだ。紙に描いてる時間は5分くらいさ。僕に見えるのは白黒のデザインだ。だから、No.2の鉛筆しか使わないんだ。

雅彬:想像するプロセスが手を動かすプロセスよりも重要ってことだね。フットウェアデザイナーとして成功している中で、どうしてPENSOLEっていうフットウェアデザインの学校を立ち上げたの?

ドウェイン:いくつかの理由があるんだ。まず、自分と似たような境遇の若い世代、貧困層で将来の希望がなく、下手したら刑務所に行ってしまうような子ども達の道筋を作ってあげたかったんだ。もう一つは、自分のキャリアとしての成果を自分のデザインした”物”にしたくなかったんだ。自分の才能を誰かの会社を裕福にするために使うんじゃなく、自分の才能を人々と共有したかったんだよ。PENSOLEを創設したのは、時世代のフットウェアデザイナーの育成に貢献することで業界全体を自分がこの業界に入った時よりも良くしたいんだ。創設してから数年だけど既に100人以上がプロのデザイナーとして活躍しているよ。

雅彬:次の世代に自分の才能を手渡す作業だね。自分が最高のデザイナーになることと、他人にとって最高の先生になることは違うと思うんだけど、どんな工夫をしてるの?

ドウェイン:素晴らしい質問だ!そんな革新的な質問をされたことはなかったよ。そうだな、まず僕の人生におけるゴールは常に昨日の自分よりも良い自分になることなんだ。このゴールは僕のデザインや教育へのアプローチにも影響している。もし、何かで秀でた存在になりたいなら、規律や自制心が必要になる。素晴らしいっていう評価を得るには、そのゴールに向かって邁進して掴み取るしかないんだ。僕はいつだって最高を目指してきた。けれど今は自分が最高のスニーカーを作るんじゃなくて、デザインという業界に貢献したい。もちろん、今でも自分のことはデザイナーだと考えている。けれど、僕は農家でもあり僕の生徒達は種なんだ。その種を業界全体に蒔くことが出来れば、フットウェアデザイン業界を底上げすることが出来るんだ。


全編はこちらから!