アップルが爆発的に人気になった背景にはThink Differentという広告キャンペーンがありました。このキャンペーンで「Macを使うことは人と違った考え方をするクリエイティブな人間だ」というメッセージを人々に伝え、爆発的な人気を生みました。そのキャンペーンを仕掛けた広告業界のスーパースターで、iPhoneやiPodの"i"シリーズの名付け親でもあるケン・シーガルから直接話を聞く機会がありました!

雅彬:まず初めに、広告業界を志したきっかけを教えてください。

ケン:大学時代に受けた適性検査では広告業界が合ってるって結果が出たんだが、大学では広告を学ばなかったんだよ。大学卒業後はミュージシャンになる夢を追っていた。それから7年経ってようやく広告業界に入ったんだ。広告業界に入ったのは、当時広告業界で働いていた古い友人が助言してくれたからなんだ。そこで、ロスアンゼルスにあったChiat/Dayというアップルの広告を行っていた広告代理店のプロダクション部門での職を得た。その時になって初めて、クリエイティブ部門なんていう部署があることを知ったよ。夜間学校でコピーライティングの基礎を学び始めたのもその頃だ。そしばらくしてニューヨークに移りライターとして働き始めた。当時はSmirnoff Vodkaを担当していた。それからいくつかの広告代理店を経て、最終的にロスアンゼルスに戻ってアップルの広告を担当することになったんだ。

雅彬:当時、一番大変だったことはなんでしょうか?

ケン:ライティングに関して自信だけはあったが、働き始めた当初は「コンセプト」が何かをきちんと理解していなかった。 広告キャンペーン全体のベースとなるコアのアイディアを練るのが非常に苦手だったよ。当時の上司に相談したら、「心配するな。引き続き書いてくれ。いつの日か唐突に分かる時が来る」って言われた。それから数年して、その意味が分かったよ。この経験から、時間を要する物事もあるってことを学んだ。本気で取り組んで没頭して初めて分かることがあるってね。

雅彬:ケンさんは広告業界での経験が豊富ですが、広告業におけるエッセンスってなんでしょうか?

ケン:そうだな、人それぞれ違うだろうが、私にとって広告とは人々に売るべき物やサービスを認知させることだ。NPOであれば団体の活動を認知させることになるだろう。だから、広告にとって「メッセージを伝える」ということが非常に重要になる。そして、この部分こそが最も難しい部分でもある。なぜなら、メッセージはシンプルで明確かつ、人を引き付け記憶に残るものでなければならないからだ。多くの人がそんなことは簡単だと考え、勉強を怠りがちだ。しかし、実際には創造性と論理力の両方を必要とするんだよ。


全編はこちらから!