ダン・アリエリーは米国の超名門デューク大学の行動経済学者です。著作の「要素通りに不合理」は世界的大ベストセラーとなり、彼がTEDで行った講演は780万回以上再生されています。また、高価な偽薬(プラシーボ)は安価な偽薬よりも効力が高いとを示したことから、2008年にイグノーベル賞医学賞を受賞しています。そんな世界的な行動経済学の権威に話を聞く機会があったのでシェアしたいと思います。

雅彬:心理学、行動経済学、特に「人間の非合理性」という分野に興味を持ったのはなぜですか?何か具体的なきっかけはありましたか?

ダン:何年も前に大怪我をしたんだけど、入院していて嫌なことがたくさんあった。医者や看護師は頑張っているのだろうかと。特に、早くから気になっていたのは「包帯のはがし方」。あなたが入院していて、誰かがあなたの包帯を剥がすと想像してごらん。痛みを最大限に軽減するためにはどうすればいいのか?という問題に直面するだろう。当時、看護師は腕を押さえて腕から包帯をはがす「クイックリムーバー」という方法を取っていた。正直、私はこのアプローチが好きではなく、改善すべきだと思っていた。

退院して大学で勉強するようになってから、痛みに関する実験を始めた。すると、病院で行われていたアプローチが患者さんにとってベストな方法ではないことが分かった。この経験から、患者さんのために最善を尽くそうと思っていても、実際には最善を尽くせていないのではと考えさせらた。患者さんのため、お客様のため、市民のために最善を尽くしていると思っていても、直感では違う方向に行ってしまうことがあるのではないかとね。そこから、意思決定についてもっと勉強して理解を深めた方がいいと思ったんだ。

雅彬:なるほど、確かに思い込みと現実は違う部分が多いですよね。ダンさんはビジネスの経験も豊富ですがビジネスの世界に飛び込もうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

ダン:基本的にはアプリケーション全体に興味がある。ビジネスの分野は、より良い方法で物事を進めるために、多くの機会を提供してくれるからだ。もちろん、公共の分野にも興味がある。ただ、努力してもなかなかうまくいかないのが現状だ。ビジネスの分野の方が機動力があるから仕事がしやすいね。

雅彬:今まで経験してきた中で一番辛かったこと、そしてそれをどうやって乗り越えたかを教えてください。失敗した時の精神的な対処法を教えてください。

ダン:私は事故で大火傷を負い、3年近く入院していた。とても長く、最初は何が起こっているのか理解できなかったよ。それを克服するために、一日一日をしっかりと経験することにした。その後は、目標や目指す変化を自分に与えるようにしていた。ただし、あまりに長期的な目標にはならないようにね。他にも、私の本に書いてある「報酬の置き換え」のようなことも実践していた。例えば、難しいセラピーをしたときには、自分がやっていて本当に好きなご褒美を自分に与えてるんだ。これには唯一無二の答えはない。いろいろな方法があるからね。

雅彬:生産的に仕事をしたり、創造的に考えたり、目標を達成したりするのに役立つ習慣を持っていますか?また、どのようにして習慣を身につけましたか?


ダン:私は沢山働きたい。だから、、、



本編はこちらから!